m3.com トップ > 臨床ニュース > 指定難病MELAS治療薬など2製品を審議、承認了承

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

指定難病MELAS治療薬など2製品を審議、承認了承

2019年2月5日 ミクスOnline  カテゴリ: 神経内科疾患脳神経外科疾患投薬に関わる問題

厚生労働省の薬食審・医薬品第一部会は1月31日、新薬として2製品の承認の可否を審議し、いずれも承認することを了承した。このなかには、ミトコンドリア病の一種で指定難病MELASの治療薬として大正製薬が承認申請したタウリン散98%「大正」がある。MELASは脳卒中のような発作を繰り返す慢性の疾患。承認されればこの疾患の初めて治療薬となる。前回の部会で継続審議となった塩野義製薬のAD/HD治療薬ビバンセカプセル(リスデキサンフェタミンメシル酸塩)については、まだ審議の準備ができていないとして、議題に上...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞