m3.com トップ > 臨床ニュース > 特発性肺線維症の新薬開発のために研究提携を締結

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

特発性肺線維症の新薬開発のために研究提携を締結

2019年2月6日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 呼吸器疾患

ドイツのバイエル社と京都大学は1月31日、呼吸器疾患の特発性肺線維症(IdiopathicPulmonaryFibrosis:IPF)の新しい創薬標的を特定するための戦略的研究提携を行うことに合意したと発表した。IPFは全世界で約500万人が患っている、生命を脅かす慢性肺疾患。時間の経過とともに肺の組織が厚く硬くなり(線維化)、しだいに肺機能が低下していく。肺の組織が厚くなるにつれて、肺から血流へのガス交換の効率が低下し、脳やその他の臓器への酸素の供給が不足する。肺の線維化につながる要因はこれま...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞