m3.com トップ > 臨床ニュース > 後期高齢者の約6割が3疾患以上の慢性疾患を併存

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

後期高齢者の約6割が3疾患以上の慢性疾患を併存

2019年2月6日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 一般内科疾患循環器疾患その他

東京都健康長寿医療センターは2月1日、東京都の後期高齢者の約8割が2疾患以上の慢性疾患を併存、約6割が3疾患以上の慢性疾患を併存していることをレセプトデータから明らかにしたと発表した。この研究は、同センター研究所の石崎達郎研究部長、光武誠吾研究員らの研究グループによるもの。研究成果は、米国疾病対策予防センター(CDC)が出版している国際科学雑誌「PreventingChronicDisease」に掲載されている。複数の疾患が併存している状態を「多病」と呼ぶが、患者の医療ニーズ(受診や検査・治療)...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞