m3.com トップ > 臨床ニュース > C型肝炎、発見から撲滅へ【平成の医療史30年◆C型肝炎編】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

C型肝炎、発見から撲滅へ【平成の医療史30年◆C型肝炎編】 データで見る治療の変遷と治癒率の改善

2019年2月8日 平成の医療史30年  カテゴリ: 消化器疾患

1989年(平成元年)にC型肝炎ウイルス(HCV)が発見されてから30年。かつて「非A非B型肝炎」と呼ばれたC型肝炎の治療は劇的な進歩を遂げ、撲滅間近まで迫っている。年表とデータで治療の変遷を振り返ると共に、C型肝炎治療の発展に貢献した武蔵野赤十字病院・泉並木氏へのインタビューを紹介する。(m3.com編集部・河野祐子)インターフェロンから始まった抗ウイルス療法1992年(平成4年)にインターフェロン(IFN)単独療法が保険適用となり、抗ウイルス療法が始まった。しかし、この時点では、日本で多くを...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞