m3.com トップ > 臨床ニュース > シャイアー 人免疫グロブリン・ガンマガード静注用の5g製剤を発売

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

シャイアー 人免疫グロブリン・ガンマガード静注用の5g製剤を発売

2019年2月7日 ミクスOnline  カテゴリ: 小児科疾患感染症投薬に関わる問題

武田薬品は、グループのシャイアー・ジャパンが製造販売する人免疫グロブリン製剤ガンマガード静注用について、5g製剤を2月4日に発売したと発表した。同剤の用法・用量は1回あたり体重換算で定められており、既存の2.5g製剤と比べ、投与する本数を減らせることから、利便性や患者の負担軽減を期待する。同剤は、免疫不全症である低または無ガンマグロブリン血症や、重症感染症の治療における抗生物質との併用に用いる。それらの患者は細菌感染にかかりやすくなるため、感染症を予防する目的で、免疫グロブリン製剤による補充療法...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞