m3.com トップ > 臨床ニュース > 興和 高カリウム血症治療薬カリメート経口液20%を製剤改良

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

興和 高カリウム血症治療薬カリメート経口液20%を製剤改良

2019年2月7日 ミクスOnline  カテゴリ: 一般内科疾患腎・泌尿器疾患投薬に関わる問題

興和は2月5日、高カリウム血症治療薬カリメート経口液20%(一般名:ポリスチレンスルホン酸カルシウム)の服用感を改善するための製剤改良を行ったと発表した。これまで医療現場から服用時にざらつきがあるといった服用感の不満が寄せられていたという。そこで原薬や添加剤を見直し改善を図った。また、既存のノンフレーバー、オレンジフレーバーにアップルフレーバーを追加した。新製剤のアップルフレーバーは2月8日に発売、既存フレーバーの新製剤については、現在の流通している製剤改良前の製品がなくなりし次第、順次出荷する...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞