m3.com トップ > 臨床ニュース > 大腸癌治療後リスクのノモグラム公開

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

大腸癌治療後リスクのノモグラム公開 大腸癌研究会、「低位前方切除後の縫合不全予測」で

2019年2月12日 大腸癌研究会  カテゴリ: 消化器疾患

大腸癌研究会は、日本人データを元にした「大腸癌治療に関するノモグラム」を作成し、同研究会ホームページに公開した。同ノモグラムは、多数の施設から集められたデータを基に、個々の患者の病状や受けた治療などの因子から、予想されるリスクを計算するシステム。あくまで統計を基にした参考情報を提供するものであるため、実際の治療選択にあたっては、医師と相談の上で決定するよう求めている。ノモグラムとは、計算図表を使用して、いくつかのパラメータ(変数)から数値を予測する数学モデル。今回開発されたノモグラムを用いると、...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞