m3.com トップ > 臨床ニュース > 血管炎・血管障害診療GL2016を公開

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

血管炎・血管障害診療GL2016を公開 日本皮膚科学会、診療アルゴリズムでCQ

2019年2月12日 医療情報サービス(Minds)  カテゴリ: 皮膚疾患

医療情報サービス(Minds)はこのほど、日本皮膚科学会が作成した「血管炎・血管障害診療ガイドライン2016年改訂版」をオンラインで無料公開した。同ガイドライン(GL)は、ChapelHill分類2012年版の発表を受けて、旧版を改訂したもの。診療アルゴリズムについては、巨細胞性動脈炎(GCA)、結節性多発動脈炎(PAN)、顕微鏡的多発血管炎(MPA)など21領域でクリニカルクエスチョン(CQ)が設定されている。CQの領域は、診療アルゴリズム、GCA、PAN、MPA、多発血管炎性肉芽腫症(GPA...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞