m3.com トップ > 臨床ニュース > 抗癌薬に伴う末梢神経障害マネジメントの手引き公開

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

抗癌薬に伴う末梢神経障害マネジメントの手引き公開 日本がんサポーティブケア学会、4章・7CQ

2019年2月12日 医療情報サービス(Minds)  カテゴリ: 

医療情報サービス(Minds)はこのほど、日本がんサポーティブケア学会が作成した「がん薬物療法に伴う末梢神経障害マネジメントの手引き2017年版」をオンラインで無料公開した。同手引きでは、抗癌薬に伴う末梢神経障害(CIPN)の症状(しびれ、疼痛)の予防や緩和のための薬剤投与について、7のクリニカルクエスチョン(CQ)が設定されている。CQについて、「CIPNの症状(しびれ、疼痛)の緩和にデュロキセチン投与は効果があるか?」では、「デュロキセチンの投与を推奨できるだけの十分なエビデンスはないが、特...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞