m3.com トップ > 臨床ニュース > 世界初、MDM2阻害剤を用いた内膜肉腫対象医師主導治験を開始

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

世界初、MDM2阻害剤を用いた内膜肉腫対象医師主導治験を開始

2019年2月7日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 整形外科疾患投薬に関わる問題

国立がん研究センター(国がん)中央病院は2月4日、内膜肉腫を対象に、新規のMDM2阻害剤(murinedoubleminute2:MDM2)であるDS-3032b(ミラデメタン)の医師主導治験を開始したと発表した。内膜肉腫は、希少がんの中でも発症頻度が極めて低く対象患者数も少ないため、治験の実施は世界でも初めてとなる。この試験は、希少がんの研究開発・ゲノム医療を産学共同で推進する中央病院のMASTERKEYproject(MarkerAssistedSelectiveThErapyinRarec...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞