m3.com トップ > 臨床ニュース > IL13Rα2が血管新生を介して悪性黒色腫を進展させるメカニズムを解明

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

IL13Rα2が血管新生を介して悪性黒色腫を進展させるメカニズムを解明

2019年2月7日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 皮膚疾患

東京医科歯科大学は2月4日、希少がん・難治がんである悪性黒色腫(メラノーマ)の患者の一部で高発現するインターロイキン13受容体α2(IL13Rα2)が、がん細胞の増殖に必要な新たな血管の形成を誘導することで、腫瘍形成を進展させることを明らかにしたと発表した。この研究は、同大大学院医歯学総合研究科硬組織病態生化学分野(元東京薬科大学生命科学部腫瘍医科学研究室)の渡部徹郎教授と吉松康裕講師らの研究グループが、東京大学大学院医学系研究科人体病理学・病理診断学分野の深山正久教授、先進循環器病学寄付講座の...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞