m3.com トップ > 臨床ニュース > 急性期脳梗塞の再生医療等製品「JTR-161」で臨床試験開始

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

急性期脳梗塞の再生医療等製品「JTR-161」で臨床試験開始

2019年2月8日 ミクスOnline  カテゴリ: 脳神経外科疾患投薬に関わる問題その他

帝人とJCRファーマは2月6日、急性期脳梗塞を対象にした再生医療等製品として共同開発する「JTR-161」について、国内フェーズ1/2を開始したと発表した。試験は、急性期脳梗塞患者を対象に、静脈内投与した際の安全性、有効性を探索的に検討することが目的。発表によると、被験者の組み入れが開始され、1例目となる被験者に投与された。最終的には日常動作の改善を期待する。P1/2試験は2021年に終了予定。国内で76例の組み入れを予定する。「JTR-161」は、人の抜歯体から単離したヒト(同種)歯髄由来幹細...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞