m3.com トップ > 臨床ニュース > 血液透析施行中の高リン血症患者を対象にtenapanorの国内P2試験開始

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

血液透析施行中の高リン血症患者を対象にtenapanorの国内P2試験開始

2019年2月12日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 内分泌・代謝疾患腎・泌尿器疾患投薬に関わる問題

協和発酵キリン株式会社は2月6日、米Ardelyx社から導入した低分子化合物tenapanor(開発番号:KHK7791)について、国内第2相臨床試験を開始したと発表した。tenapanorは、Ardelyxによって創製・開発された、経口投与による選択的な「腸管Na+/H交換輸送体(NHE3)阻害剤」。現在の標準的な治療薬である「リン吸着薬」とは異なる、新規作用機序を有している。同剤は、高リン血症に対して特徴的な作用機序であるNHE3阻害を通じて、食事によるナトリウムの吸収を抑え、結果として細胞...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞