m3.com トップ > 臨床ニュース > T細胞活性化を抑制する新たなシグナル経路を発見

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

T細胞活性化を抑制する新たなシグナル経路を発見

2019年2月12日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 感染症

理化学研究所は2月6日、シグナル伝達を担うアダプター分子「CIN85」が、T細胞では活性化を抑制するシグナルを誘導することを明らかにしたと発表した。この研究は、理研生命医科学研究センター免疫シグナル研究チームの斉藤隆チームリーダー、多根(橋本)彰子上級研究員らの国際共同研究グループによるもの。研究成果は、国際科学雑誌「ScienceSignaling」2月5日号に掲載された。病原体やがんなどに対する有効な免疫機能は、T細胞の活性化によって誘導される。T細胞は、T細胞抗原受容体(TCR)によって抗...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞