m3.com トップ > 臨床ニュース > ファイザー 降圧薬アムバロ配合錠を自主回収

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

ファイザー 降圧薬アムバロ配合錠を自主回収

2019年2月14日 ミクスOnline  カテゴリ: 一般内科疾患循環器疾患投薬に関わる問題

ファイザーは2月8日、高血圧症治療薬アムバロ配合錠「ファイザー」(一般名:バルサルタン/アムロジピンベシル酸塩)のバルサルタン原薬から厚労省の定めた許容限度値を上回る発がん性物質を検出したため、この原薬を用いて製造した同配合錠の5ロットの自主回収に着手した発表した。原薬は米マイランのインド工場で製造されたもので、検出されたのは、N-ニトロソジエチルアミン(NDEA)とN-ニトロソジメチルアミン(NDMA)。18年12月3日から19年1月23日までに76万3820錠が出荷され、74の卸を通じ、医療...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞