m3.com トップ > 臨床ニュース > 半減期延長型の血液凝固因子製剤ジビイを発売 血友病A対象

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

半減期延長型の血液凝固因子製剤ジビイを発売 血友病A対象

2019年2月14日 ミクスOnline  カテゴリ: 血液疾患投薬に関わる問題

バイエル薬品は2月12日、血友病Aを対象にした半減期延長型の遺伝子組換え型血液凝固第8因子製剤ジビイ静注用(一般名:ダモクトコグアルファペゴル(遺伝子組換え))を発売したと発表した。効能・効果は「血液凝固第8因子欠乏患者における出血傾向の抑制」。定期補充療法では通常、12歳以上の患者で週2回。患者の状態に応じて5日に1回、週1回投与も可能。従来は週3回、隔日投与が必要で、同剤はより少ない投与頻度で治療を可能にすることが期待される。独バイエル社が開発したもので、生体内半減期を延長し、長時間体内での...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞