m3.com トップ > 臨床ニュース > HCV撲滅間近? 肝臓専門医の今後は【平成の医療史30年◆C型肝炎編】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

HCV撲滅間近? 肝臓専門医の今後は【平成の医療史30年◆C型肝炎編】 武蔵野赤十字病院・泉並木氏に聞く―Vol. 2

2019年2月14日 平成の医療史30年  カテゴリ: 消化器疾患

泉並木氏平成の30年間で大きく変わったC型肝炎の歴史。直接作用型抗ウイルス薬(DAA)の登場によって患者数は大幅に減少し、C型肝炎撲滅が間近に迫ってきたが、専門家の見通しは……?引き続き、武蔵野赤十字病院院長の泉並木氏の話を紹介する。(聞き手・まとめ:m3.com編集部・河野祐子/2018年11月29日取材、全2回連載)IFNフリー治療、ガイドライン委員会でもめた理由――インターフェロン(IFN)フリー治療の登場によって、流れが一変しました。IFNフリー治療は、C型肝炎治療の歴史の中でも最も大き...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞