m3.com トップ > 臨床ニュース > 福島第一原子力発電所事故後の川内村における救急搬送の実態調査結果を発表

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

福島第一原子力発電所事故後の川内村における救急搬送の実態調査結果を発表

2019年2月18日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 救急

京都大学は2月12日、福島第一原発事故後の川内村(福島県双葉郡)の救急搬送の実態調査を実施し、その結果を公表した。この研究は、同大大学院医学研究科の中山健夫教授、高橋由光准教授、西川佳孝博士課程学生らが、南相馬市立総合病院(福島県)、福島県立医科大学などと共同で行ったもの。研究成果は「BMJOpen」に掲載されている。医療へのアクセスは重要な社会基盤であり、特に救急医療へのアクセスは、生命に直結するため、その維持は住民の健康にとって重要な公衆衛生上の課題となる。2011年3月11日に起きた東日本...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞