m3.com トップ > 臨床ニュース > 先天性QT延長症候群における遺伝子検査の有用性を報告

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

先天性QT延長症候群における遺伝子検査の有用性を報告

2019年2月19日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 循環器疾患その他

国立循環器病研究センター(国循)は2月14日、日本おける先天性QT延長症候群の突然死や致死性不整脈イベント発生に、原因遺伝子の種類だけでなく、個々の患者の変異部位や年齢、性別が深く関係することを世界で初めて報告したと発表した。この研究は、日本医科大学の清水渉大学院教授、国循センターの相庭武司特任部長らの多施設共同研究グループによるもの。研究成果は「JAMACardiology」のオンライン版に2月13日付で掲載された。先天性QT延長症候群は、心電図でQT時間の延長という特徴的な波形を示す疾患。運...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞