m3.com トップ > 臨床ニュース > 整形外科医の能力向上へ期する思い【平成の医療史30年◆整形外科編】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

整形外科医の能力向上へ期する思い【平成の医療史30年◆整形外科編】 日本人工関節学会理事長・三浦裕正氏に聞く―Vol. 2

テクノロジーが発達しても外科医個人の技量が重要と話す三浦氏人工膝関節は平成の間に術後15年で95%という安定した成績を残すまでに至った。日本人工関節学会理事長(愛媛大学病院長)の三浦裕正氏はクロスリンク・ポリエチレンの登場、つまり素材の発展が寄与するところが大きいと指摘したが、その一方で整形外科医の技量が高いことが土台にあったと強調する。整形外科医のさらなる能力向上へ、講じた対策とその思いについて質問した。(聞き手・まとめ:m3.com編集部・森圭吾)まずは「自分の手」でできるように――素材の革...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞