m3.com トップ > 臨床ニュース > 治癒証明「患者が板挟み」「収益上がる」

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

治癒証明「患者が板挟み」「収益上がる」 意識調査『インフルエンザ「治癒証明書」どうしますか』―Vol. 2

m3.com医師会員1816人を対象とした意識調査で、インフルエンザ陰性証明書、同治癒証明書について聞いた。2018年11月、厚生労働省は「医療機関に過剰な負担となることから、インフルエンザの治癒証明書や陰性証明書の提出を求めることは望ましくない」との見解を示した。回答医師の過半数はこれに賛意を示した一方、「厚労省の見解を受けて、証明書の発行を求められた場合の対応を変えるか」という質問には「分からない」との回答が最多を占めた。自由回答には「厚労省の見解で説明しやすくなった」との声がある一方、「患...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞