m3.com トップ > 臨床ニュース > ブロスマブ、小児XLHを対象としたP3試験の64週結果を発表

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

ブロスマブ、小児XLHを対象としたP3試験の64週結果を発表

2019年2月21日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 一般内科疾患小児科疾患整形外科疾患投薬に関わる問題その他

協和発酵キリン株式会社および同社の欧州子会社である英KyowaKirinInternationalPLCと、米ウルトラジェニクス・ファーマシューティカルは2月15日、小児X染色体連鎖性低リン血症(XLH)を対象としたブロスマブ(欧米製品名:「Crysvita(R)」)の第3相臨床試験について、投与64週時点において、有効性および安全性のいずれにおいても良好な結果が得られたことを発表した。XLHは、遺伝的な原因により血中の「線維芽細胞増殖因子23(FGF23)」が過剰となることで、体内のリンが尿中...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞