m3.com トップ > 臨床ニュース > 造血器腫瘍診療指針2018を公開

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

造血器腫瘍診療指針2018を公開 白血病、リンパ腫、骨髄腫の各病型でCQ

2019年2月26日 日本血液学会  カテゴリ: 血液疾患小児科疾患

日本血液学会はこのほど、「造血器腫瘍診療ガイドライン2018年版」ウェブ版を同学会ホームページに公開した。「白血病」「リンパ腫」「骨髄腫」の3章立てで、各病型について、総論、アルゴリズム、クリニカルクエスチョン(CQ)の構成となっている。同GLは、主に医療従事者の利用を想定して作成。白血病では「急性骨髄性白血病(AML)」「急性前骨髄球性白血病(APL)」「急性リンパ芽球性白血病/リンパ芽球性リンパ腫(ALL/LBL)」など6病型、リンパ腫では「濾胞性リンパ腫(FL)」「辺縁帯リンパ腫(MALT...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞