m3.com トップ > 臨床ニュース > ゲノム情報が臨床に結び付いた30年【平成の医療史30年◆ゲノムサイエンス編】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

ゲノム情報が臨床に結び付いた30年【平成の医療史30年◆ゲノムサイエンス編】 ヒトゲノム計画ががん治療に与えたもの

2019年2月22日 平成の医療史30年  カテゴリ: 検査に関わる問題その他

長年、がんは「不治の病」だった。がんの告知はすなわち死の宣告であり、それ故、1990年代中盤まで、患者にがんの告知を行うことはまれだった。しかし今や、早期に発見できた場合、多くのケースで寛解するところまで漕ぎ着けている。なぜがんは、死をもたらす疾患から治療可能な疾患に変わったのだろうか。その一端を担うのが、ゲノムサイエンスの進歩と、その研究を基にした分子標的薬や免疫チェックポイント阻害薬の開発だろう。平成の30年間でゲノム解析技術はどのように進歩し、どのように臨床応用されてきたのか、その変遷を見...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞