m3.com トップ > 臨床ニュース > ソリリス改訂指示で学会が周知

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

ソリリス改訂指示で学会が周知 「補体制御異常によるaHUSに」

日本腎臓学会はこのほど、エクリズマブ(遺伝子組換え)製剤(販売名:ソリリス点滴静注300mg)の「使用上の注意」改訂に関する厚生労働省の通知を同学会ホームページに掲載した。今回の改訂では、同剤の効能又は効果のひとつである非典型溶血性尿毒症症候群(aHUS)は補体制御異常によるaHUSであること、二次性血栓性微小血管症(TMA)の患者に対する同剤の有効性及び安全性は確立していない(使用経験がない)ことを明確化している。同学会と日本小児科学会が作成した「非典型溶血性尿毒症症候群(aHUS)診療ガイド...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞