m3.com トップ > 臨床ニュース > 「7%か8%か」論争に一石投じる知見? HbA1cの季節変動を確認

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

「7%か8%か」論争に一石投じる知見? HbA1cの季節変動を確認 慈恵医大らがJDDMデータベース解析

2型糖尿病患者のHbA1cは、薬物管理下にあっても季節変動することが、東京慈恵会医科大学糖尿病・代謝・内分泌内科准教授の坂本昌也氏(写真)らの検討で分かった。糖尿病データマネージメント研究会(JDDM)のデータベースを用いた解析の結果で、血圧および脂質でも同じ変動を認めた(DiabetesCare.2019Feb10.pii:dc181953.doi:10.2337/dc18-1953.)。HbA1cの基準値を巡っては、米国内科学会(ACP)が推奨する7-8%と、米国糖尿病学会(ADA)が推奨す...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞