m3.com トップ > 臨床ニュース > Selonsertib、NASH対象のP3で主要評価項目を達成せず

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

Selonsertib、NASH対象のP3で主要評価項目を達成せず

2019年2月22日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 消化器疾患投薬に関わる問題

米ギリアド・サイエンシズ社は2月11日、代償性肝硬変(F4)を呈する非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)を対象としたSelonsertibの第3相臨床試験であるSTELLAR-4試験のトップラインデータを発表した。同試験のデータは、今後開催される関連学会に提出する予定。Selonsertibは、酸化ストレス下において炎症、アポトーシスおよび線維化を促進するタンパク質であるASK1を標的にした開発中の低分子阻害薬。酸化ストレスは、NASHなどの肝疾患をはじめ、さまざまな病態で亢進する可能性がある。...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞