m3.com トップ > 臨床ニュース > 既存薬タウリン、ミトコンドリア病MELASに対する日本初の保険適用治療薬へ

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

既存薬タウリン、ミトコンドリア病MELASに対する日本初の保険適用治療薬へ

2019年2月22日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 循環器疾患小児科疾患脳神経外科疾患投薬に関わる問題その他

川崎医科大学は2月19日、大正製薬株式会社と協力して行ったタウリン散98%「大正」の「MELASにおける脳卒中様発作の抑制」の効能・効果および用法・用量追加に係る製造販売承認事項一部変更承認申請について、2019年1月31日、厚生労働省薬事・食品衛生審議会医薬品第一部会において承認が了承されたと発表した。ミトコンドリア病MELAS(ミトコンドリア脳筋症・乳酸アシドーシス・脳卒中様発作症候群)は、ミオパチー(M)、脳症(E)、乳酸アシドーシス(LA)、および脳卒中様発作(S)を特徴する疾患で、脳卒...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞