m3.com トップ > 臨床ニュース > 前立腺癌8倍に、BPHは50万人突破【平成の医療史30年◆腎・泌尿器科編】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

前立腺癌8倍に、BPHは50万人突破【平成の医療史30年◆腎・泌尿器科編】 「腎臓病」も増加傾向変わらず

2019年2月25日 平成の医療史30年  カテゴリ: 腎・泌尿器疾患

体液中の老廃物を排出する泌尿器は、体内を一定の状態に保つ恒常性において重要な役割を担っている。この泌尿器に関する疾患の患者数で、平成の30年間で最も高い増加率を示したのは前立腺癌で約8倍となり、前立腺肥大症(BPH)も2.9倍に膨らみ50万人を突破、いわゆる「腎臓病」も増加傾向にある。平成の間にもたらされた泌尿器科疾患の変化を、患者数から振り返った。また次回からは、日本透析医会長・秋澤忠男氏(昭和大学腎臓内科客員教授)のインタビューを紹介する。(m3.com編集部・森圭吾)1万5000人から21...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞