m3.com トップ > 臨床ニュース > 「遙かなる甲子園」で風疹制圧訴え

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

「遙かなる甲子園」で風疹制圧訴え 「風疹をなくそうの会『hand in hand』」がクラウドファンディングで上演を実現

2月24日、東京の国立オリンピック記念青少年総合センターで、先天性風疹症候群(CRS)の高校生を描いた関西芸術座による演劇「遙かなる甲子園」が上演された。風疹による聴覚障害や先天性心疾患を抱える子どもや保護者の悲しみや苦難、たくましさと奮闘がリアルに迫る内容に、観客は時折涙を流しながら見入っていた。今回の上演を実現した、CRSの子を持つ保護者らによる「風疹をなくそうの会『handinhand』」の大畑茂子氏らは「風疹流行で、なかったことにされる命がある。一体、何人の命を亡くしたら風疹をなくせるの...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞