m3.com トップ > 臨床ニュース > キムリアの前処置、副作用に用いる薬剤の承認了承

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

キムリアの前処置、副作用に用いる薬剤の承認了承

2019年2月26日 ミクスOnline  カテゴリ: 投薬に関わる問題

厚生労働省の薬食審医薬品第二部会は2月22日、国内初のCAR-T細胞医療として承認が了承されたノバルティスファーマの「キムリア」の前処置や副作用に使う医薬品の承認を了承した。このうち中外製薬が承認申請したアクテムラ(一般名:トシリズマブ)は、CAR-T細胞医療で半数以上に発現するというサイトカイン放出症候群の副作用治療薬として承認されることになった。22日の第二部会では、アクテムラの適応追加含め9製品の承認の可否が審議され、いずれも承認が了承された。【審議品目】(カッコ内は一般名、申請企業名)▽...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞