m3.com トップ > 臨床ニュース > ゲノム科学が生み出した「個別化医療」【平成の医療史30年◆ゲノムサイエンス編】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

ゲノム科学が生み出した「個別化医療」【平成の医療史30年◆ゲノムサイエンス編】 ゲノム医療の変遷を東京大学先端科学技術研究センター教授の油谷浩幸氏に聞く―Vol. 1

2019年2月26日 平成の医療史30年  カテゴリ: 検査に関わる問題その他

今や一部のがん治療では、ゲノム情報を基に、患者個々人に合った治療法を提供する「精密医療(プレシジョン・メディシン)」が現実のものとなっている。その土台となる「ゲノムサイエンス」は、1990年(平成2年)に開始された「ヒトゲノム計画」を端緒として平成の30年間で大きく花開いた。ゲノムサイエンスの専門家として長年、がんのシステム生物学を牽引してきた東京大学先端科学技術研究センターゲノムサイエンス分野教授の油谷浩幸氏に、ゲノム研究とがん治療に関する30年を振り返ってもらった。次世代シーケンサーをはじめ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞