m3.com トップ > 臨床ニュース > 日本が「透析大国」となった道のり【平成の医療史30年◆腎・泌尿器科編】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

日本が「透析大国」となった道のり【平成の医療史30年◆腎・泌尿器科編】 日本透析医会会長・秋澤忠男氏に聞く―Vol. 1

2019年2月27日 平成の医療史30年  カテゴリ: 腎・泌尿器疾患

日本の透析医療は世界でも高水準と説明する秋澤氏多彩な腎機能の一部を代替する透析医療、日本はその質、量ともに世界の大国と言える。平成の30年間で透析患者の数は増加の一途をたどり、高齢化も進んだ一方で、治療成績は大きく向上したという。透析医療においては、平成の間に何が起きたのか。腎・泌尿器科からは日本透析医会会長の秋澤忠男氏(昭和大学腎臓内科客員教授)が登場し、日本が「透析大国」に至る道のりを語った。(聞き手・まとめ:m3.com編集部・森圭吾/2018年12月14日取材、全2回連載)高齢化などで患...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞