m3.com トップ > 臨床ニュース > 顎関節脱臼、自己整復指導のポイント【時流◆試してみたくなる「私の手当て」】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

顎関節脱臼、自己整復指導のポイント【時流◆試してみたくなる「私の手当て」】 東戸塚記念病院・郷内志朗氏が使う自己整復法―Vol. 2

先日の第46回日本救急医学会(2018年11月、横浜市)で発表されていた2つの口演に注目した。いずれも「指や手を用いた手技(手当て)で患者の苦痛となっていた症状が速やかに改善した」との内容。「エビデンス」とまではいかないまでも、「目の前の患者の苦痛を何とか解決したい!」熱意から生まれた「手当て」のシリーズ。救急医として、日々診療に当たる郷内志朗氏。脱臼の整復が上手な同僚医師に触発され、自身でも色々な文献などを調べ、肩や顎の整復術を次々と考案。学会や論文で発表している。第2回は顎関節脱臼の自己整復...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞