m3.com トップ > 臨床ニュース > 急性巣状細菌性腎炎、小児の特徴を知る【研修最前線】

臨床ニュース 研修最前線

↓関連ニュースリストへ

急性巣状細菌性腎炎、小児の特徴を知る【研修最前線】 研修最前線 自治医科大学附属さいたま医療センター「総合回診」 Vol.63_2

腹痛と高熱のため、小学校の入学式当日に自治医科大学附属さいたま医療センター小児科を紹介受診することになった6歳男児は、急性巣状細菌性腎炎の診断となった。発症を予測、あるいは防ぐ手立てはなかったのか。m3.com研修最前線、「総合回診」シリーズ第63弾の後半では、ジュニアレジデント2年目の浦丸知子氏が本症例の基礎疾患に対して行った治療について報告する。前回の記事『腹痛と高熱の6歳児、入学式当日の紹介受診』はこちら急性巣状細菌性腎炎ハイリスクとなる基礎疾患はこう疑う浦丸知子氏(以下、浦丸)急性巣状細...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞