m3.com トップ > 臨床ニュース > ゲノム科学は「情報統合の時代」へ【平成の医療史30年◆ゲノムサイエンス編】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

ゲノム科学は「情報統合の時代」へ【平成の医療史30年◆ゲノムサイエンス編】 ゲノム医療の変遷を東京大学先端科学技術研究センター教授の油谷浩幸氏に聞く―Vol. 2

2019年3月1日 平成の医療史30年  カテゴリ: 検査に関わる問題その他

平成より少し前の1982年(昭和57年)、ヒトでは初となるがん遺伝子「Ras」が同定されたことを皮切りに、多くのがん原因遺伝子が発見された。そして、それらの遺伝子をターゲットとする分子標的薬の登場により、がん治療は大きく改善された。ゲノム解読のコストが劇的に下がった今、がん治療はどのように発展していくのだろうか。種々のがんのマーカー遺伝子を同定し、長年、がんのシステム生物学を牽引してきた東京大学先端科学技術研究センターゲノムサイエンス分野教授の油谷浩幸氏に、ゲノム研究とがん治療に関する30年を振...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞