m3.com トップ > 臨床ニュース > 透析医療に衝撃与えたエリスロポエチン【平成の医療史30年◆腎・泌尿器科編】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

透析医療に衝撃与えたエリスロポエチン【平成の医療史30年◆腎・泌尿器科編】 日本透析医会長・秋澤忠男氏に聞く―Vol. 2

2019年3月4日 平成の医療史30年  カテゴリ: 腎・泌尿器疾患

EPOによる劇的な変化を振り返る秋澤氏日本の透析医療は平成の間に患者の死亡リスクを半分近くに改善し、世界最高水準に達した。どこでも良質な透析医療が受けられるよう、透析医療体制が拡充されたことが理由の一つに挙げられるが、日本透析医会長の秋澤忠男氏はもう一つ、「画期的な出来事があった」と振り返る。それは、今では当たり前に使用されているエリスロポエチン(EPO)製剤の登場だった。昭和の終わりから程なくして登場――平成に登場して透析医療を席巻したEPO製剤について、あらためて教えてください。平成の30年...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞