m3.com トップ > 臨床ニュース > オマリズマブ、スギ花粉症に対するP3結果を発表

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

オマリズマブ、スギ花粉症に対するP3結果を発表

2019年3月1日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 一般内科疾患アレルギー疾患小児科疾患耳鼻咽喉科疾患投薬に関わる問題

ノバルティスファーマ株式会社は2月26日、既存治療でコントロール不十分な重症または最重症スギ花粉症患者を対象に、オマリズマブ(遺伝子組換え)を標準治療に上乗せ投与した場合の有効性を検討した国内第3相臨床試験を実施したと発表した。同試験の結果は、米サンフランシスコで開催された第75回米国アレルギー・喘息・免疫学会議(AAAAI)年次総会で、日本医科大学大学院医学研究科頭頸部感覚器科学分野の大久保公裕教授により発表された。同試験は、ランダム化、二重盲検、プラセボ対照(標準治療に上乗せ)試験。治験薬投...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞