m3.com トップ > 臨床ニュース > 軽度認知障害からアルツハイマー型認知症への移行と血清カルシウム低値に関連

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

軽度認知障害からアルツハイマー型認知症への移行と血清カルシウム低値に関連

2019年3月1日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 精神科疾患神経内科疾患

東京大学は2月25日、軽度認知障害からアルツハイマー型認知症への移行に、血液中のカルシウム値が低いことが関連することを明らかにしたと発表した。この研究は、同大大学院医学系研究科脳神経医学専攻の佐藤謙一郎大学院生および岩田淳講師らの研究グループによるもの。研究成果は「JournalofAlzheimer’sDisease」に掲載されている。今回の研究は、J-ADNI研究の血液データを中心に詳細な追加解析を、北米ADNI研究のデータと比較しながら行ったもの。J-ADNI研究はADNI研究に習い、20...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞