m3.com トップ > 臨床ニュース > アナフィラキシー症例の最多原因は医薬品

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

アナフィラキシー症例の最多原因は医薬品 「アナフィラキシーの経験を教えてください」―Vol. 1

2019年は「保育所におけるアレルギー対応ガイドライン」が8年ぶりに改訂される見通しだが、アレルギー反応で最も気を付けたいのがアナフィラキシーショックである。m3.com意識調査で、アナフィラキシー症例の経験があると答えた医師1754人にその原因を尋ねたところ、「医薬品」が最多の63.1%を占めた。さらに医薬品と答えた1106人に対して医薬品の種類を聞くと、過半数の53.1%が造影剤と答え最多となった。Q.アナフィラキシーの症例を経験したことはありますか?(単一選択)調査に参加した医師会員249...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞