m3.com トップ > 臨床ニュース > 慢性副鼻腔炎P3でデュピクセント良好

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

慢性副鼻腔炎P3でデュピクセント良好

2019年3月5日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 耳鼻咽喉科疾患投薬に関わる問題

仏サノフィ社および米Regeneron社は2月25日、「デュピクセント(R)(デュピルマブ)」について、2つの第3相試験SINUS-24およびSINUS-52(日本参加)における良好な結果が発表され、手術および/またはステロイド全身投与による治療が奏功しなかった鼻茸を伴う重症の再発性慢性副鼻腔炎の患者において、標準的治療薬である鼻噴霧用ステロイド薬による基礎治療下で、鼻茸の大きさ、鼻閉の重症度、慢性的な副鼻腔の症状、嗅覚、併存症である喘息に関する評価項目の改善と、全身ステロイド薬の使用および鼻/...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞