m3.com トップ > 臨床ニュース > 高齢腎機能低下例の尿路感染症…減量処方に懸念は?【臨床お悩み相談】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

高齢腎機能低下例の尿路感染症…減量処方に懸念は?【臨床お悩み相談】

専門外の症例や薬剤投与、ガイドラインで対処できないケースなど、臨床医の悩みに対する専門医からのアドバイスを掲載しています。<質問>【医師/診療所・クリニック(20床未満)勤務】尿路感染症で高齢腎機能低下例…減量処方に懸念は?尿路感染症(発熱を伴う)、高齢腎機能低下例、セフェム系抗生剤無効で老人保健施設入所中の患者。他にキノロン系しか選択肢がありません。クラビット(レボフロキサシン)、添付文書をネットで確認し、腎機能に応じ投与量を減量処方することについて、何か懸念等はあるでしょうか。<回答>No....

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞