m3.com トップ > 臨床ニュース > 抗てんかん薬ビムパットのドライシロップを発売 小児適応も

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

抗てんかん薬ビムパットのドライシロップを発売 小児適応も

2019年3月13日 ミクスOnline  カテゴリ: 一般内科疾患小児科疾患精神科疾患神経内科疾患投薬に関わる問題

第一三共は3月11日、抗てんかん薬ビムパット(一般名:ラコサミド)のドライシロップを発売したと発表した。既存の錠剤では服用が難しい、特に小児や嚥下機能の低下している高齢者が飲みやすいようにしたもの。製品名はビムパットドライシロップ10%。ユーシービージャパンが製造、第一三共が流通・販売し、両社でプロモーションを行う。効能・効果は「てんかん患者の部分発作(二次性全般化発作を含む)」。成人だけでなく4歳以上の小児適応を持つ。成人には、通常1日100mg(ドライシロップとして1g)より投与を開始し、そ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞