m3.com トップ > 臨床ニュース > テストで問題なかったアミノフェンで術中アナフィラキシー

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

テストで問題なかったアミノフェンで術中アナフィラキシー 「アナフィラキシーの経験を教えてください」―Vol. 4

アナフィラキシーの症例経験に関するm3.com意識調査では、原因となった医薬品の種類では造影剤や抗菌薬が目立ったが、処方の多い非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)を含む解熱鎮痛薬も11.9%と2桁を超える割合の回答が集まった。自由回答には、具体的な事例として「テストで問題なかったアセトアミノフェンを術中投与し発症」「外用薬によるアナフィラキシーで挿管に至った」などが寄せられた。ここでは解熱鎮痛薬と麻酔薬、筋弛緩薬、血液製剤、生物由来製品に関する医師の自由回答を紹介する。Q.アナフィラキシーに関...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞