m3.com トップ > 臨床ニュース > うつ病は本当に増えたのか【平成の医療史30年◆精神科編】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

うつ病は本当に増えたのか【平成の医療史30年◆精神科編】 精神科疾患の変遷を樋口輝彦氏に聞く―Vol. 2

2019年3月14日 平成の医療史30年  カテゴリ: 精神科疾患

樋口輝彦氏精神科疾患の代表だった統合失調症だが、患者数は平成を通じて70万人台をさまよっている。一方、急激に患者数を増やしているのがうつ病だ。1993年(平成5年)の13万3000人から、2014年(平成26年)には72万9000人と、統合失調症に迫っている。平成を通じてうつ病はなぜ増加したのか、また、平成になって登場したいわゆる“新型うつ病”の影響は――。国立精神・神経医療研究センター名誉理事長の樋口輝彦氏(日本うつ病センター理事長)に、引き続き話を聞いた。(聞き手・まとめ:m3com編集部・...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞