m3.com トップ > 臨床ニュース > 敗血症ガイドライン2020展望、抗菌薬治療【集中治療医学会2019】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

敗血症ガイドライン2020展望、抗菌薬治療【集中治療医学会2019】

2019年3月14日 MMJ  カテゴリ: 一般内科疾患一般外科疾患感染症救急

第46回日本集中治療医学会学術集会(会長・橋本悟京都府立医科大学附属病院集中治療部)が3月1~3日、京都市内で開かれ、2日にはジョイントパネルディスカッション1「日本版敗血症診療ガイドライン2020を展望する:NewChallenge!」があった。広島大学大学院医歯薬保健学研究科救急集中治療医学の志馬伸朗教授は「注目領域:抗菌薬治療」と題して発表し、「短期間(7日間以内)の抗菌薬治療を行うか?」など2項目を新規の推奨に加えたと述べた。(MMJ編集長・吉川学)抗菌薬スチュワードシップの概念も導入志...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞