m3.com トップ > 臨床ニュース > 新しい生命の誕生支える現場の30年【平成の医療史30年◆生殖医療編】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

新しい生命の誕生支える現場の30年【平成の医療史30年◆生殖医療編】 産科医の声で実現した2つの制度

「患者に『おめでとうございます』と言えるのは産科だけ」――。産婦人科を志す医師にとって、仕事の魅力を最も要約した言葉がこれだろう。これから始まる命を助ける仕事という位置付けは昔から何ら変わらず、地域医療が崩壊しても、訴訟になっても、大震災が起きても、日々営まれてきた。「安心して産める環境」は、日本中の産婦人科医の信念によって提供されていると言えるかもしれない。現場の産婦人科医が声を上げ、現代のお産を支えるべく設立された2つの制度の変遷を見ていく。(m3.com編集部・軸丸靖子)周産期をめぐる医療...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞