m3.com トップ > 臨床ニュース > 産科崩壊の危機、乗り切った舞台裏【平成の医療史30年◆生殖医療編】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

産科崩壊の危機、乗り切った舞台裏【平成の医療史30年◆生殖医療編】 一般社団法人吉村やすのり生命の環境研究所代表理事・吉村泰典氏

平成10年代(1998-2007年)、各地の基幹病院産婦人科では、一人医長が24時間分娩を担うという無謀な診療体制から産科医が逃げ出し、病院は産科を休止、妊婦が産み場を探してさまようという異常事態が起きていた。【平成の医療史30年◆生殖医療編】では、周産期医療が“医療崩壊”の代名詞となった時期に日本産科婦人科学会で理事長を務め、産科医療提供体制の大転換に役割を担った吉村泰典氏の話を聞く。全3回。(取材・まとめ:m3.com編集部・軸丸靖子、同編集長・橋本佳子、取材は2018年12月6日)たらい回...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞