m3.com トップ > 臨床ニュース > 「やれる」「やりたい」では解決しない問題【平成の医療史30年◆生殖医療編】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

「やれる」「やりたい」では解決しない問題【平成の医療史30年◆生殖医療編】 一般社団法人吉村やすのり生命の環境研究所代表理事・吉村泰典氏

【平成の医療史30年◆生殖医療編】の最終回は、いまも変遷の過程にある生殖補助医療と、女性医学の展望について。日本産科婦人科学会元理事長・吉村泰典氏のインタビュー。ノーベル賞受賞まで32年かかった体外受精――科学技術が進歩すると新たな軋轢が生まれますね。医学も、これを繰り返してきた領域だと思います。日本産科婦人科学会は、不妊治療や出生前診断といったテーマで、その軋轢に直面してきた団体だと思いますが、学会として何をどのように検討し、判断しているのでしょうか。技術の進歩に伴う軋轢は、確かに一部の根本的...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞