m3.com トップ > 臨床ニュース > 片頭痛の妊婦へのバルプロ酸投与「禁忌」に移行

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

片頭痛の妊婦へのバルプロ酸投与「禁忌」に移行

2019年3月15日 ミクスOnline  カテゴリ: 一般内科疾患神経内科疾患産婦人科疾患投薬に関わる問題

厚生労働省の薬事・食品衛生審議会薬事分科会医薬品等安全対策部会安全対策調査会は3月11日、現行で「原則禁忌」とされている、片頭痛の妊婦に対するバルプロ酸ナトリウムの投与を「禁忌」に移行する方針を了承した。添付文書の記載要領の改正で「原則禁忌」の項目が廃止されることに伴う対応。このほか4項目に対する変更も了承された。添付文書等の記載要領の改正をめぐっては、厚労省が理解しやすい内容にしようと、2017年6月8日付で、「医療用医薬品の添付文書等の記載要領について」(新記載要領)を、医薬・生活衛生局長通...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞